アクアTOPアクア人気グレードの値引き>アクア Sの値引き

総額はいくら?アクア Sの値引きと総価格をシミュレーション


アクア:toyota.jp

 

アクアの売れ筋で人気グレードでもある、アクアSの値引きを含んだ総価格の見積もりシミュレーションを掲載しています。

 

また、Sグレードと他のグレードとの装備比較やライバル車との比較、アクアSの実燃費、売却時のリセールバリューなど、アクアS購入の参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

売れ筋人気グレードのアクア Sを他のグレードと比較

 

グレード名 アクア S アクア G
価格比較

1,886,760円

2,062,800円
Gとの価格差 -176,040円  
装備比較 ウレタン製ステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール
アームレストなし 運転席アームレスト
自動ブレーキ
(MOP)
自動ブレーキ
定速型クルーズコントロールなし 定速型クルーズコントロール
シート表皮(Sグレード専用ファブリック)
シート表皮(スエード調ファブリック)
塗装インパネ助手席オーナメント
合成皮革巻きインパネ助手席オーナメント
アクセントカラー加飾
メッキ&ピアノブラック&アクセントカラー加飾
助手席シートバックポケット
助手席シートバックポケット
4スピーカー 4スピーカー
オート電動格納式ドアミラー
オート電動格納式ドアミラー
オートエアコン(花粉除去フィルター付)
オートエアコン(花粉除去フィルター付)

※MOP(メーカーオプション)

 

アクアSと上級グレードのアクアGとの装備比較です。

 

アクアSとGとの価格差は約17.6万円ありますが、その分標準装備に差が出ています。

 

まず安全装備のトヨタセーフティセンスCが、Gには標準装備ですがアクアSはメーカーオプションです。

 

その他は主に内装の違いになります。アクアGには本革巻きステアリング、運転席アームレスト、スエード調ファブリックシート表皮、合成皮革インパネオーナメント、メッキ&ピアノブラック加飾など、アクアSに比べて内装が豪華になっています。

 

トヨタセーフティセンスCは、アクアSでも54,000円のメーカーオプションで付けられますし、上記の装備の違いがあっても購入費用を抑えられるアクアSが売れ筋になっています。

 

 

アクア Sのエクステリア

 

 

アクアSのエクステリアです。

 

全体的に大人しいデザインではなく、切れ長基調のヘッドライトや前方に絞り込んだボンネットとバンパーデザイン、後ろにせり上がっているベルトラインやキャラクターラインにより、シャープで躍動感のあるデザインとなっています。

 

 

 

アクアのリアデザインです。

 

ルーフの天辺からリアに掛けてなだらかに傾斜しており、ハイブリッドカーらしく空気の抵抗を減らして、燃費に貢献する空力デザインとなっています。

 

サイド下部からリアフェンダーにつながるキャラクターラインが綺麗です。そのままリアバンパーにつながり、コンパクトなリアビューを大型のバンパーでどっしりとした安定感のある後ろ姿に仕立てています。

 

テールランプは凝った造形で、クリアレンズで覆って先進性を出しながら、ボディサイド部には整流効果のあるフィンを備えて、高速道路でも直進安定性に貢献する空力デザインになっています。

 

フロントから後ろにせり上がっていくベルトラインのおかげで、ガラスエリアは狭くなって行き、後方視界は見た目通り限られてしまいます。

 

 

アクア Sのインテリア

 

 

アクアSのインテリアです。

 

2017年6月のマイナーチェンジでインパネ周りのデザインや加飾、ステアリング等が変更され、質感がアップしました。

 

特にセンターコンソールパネル部分のピアノブラック加飾やパネル周囲のシルバーアクセント、エアコンスイッチ周りのデザインも変更され質感がアップしていますね。

 

レッドインテリアを選ぶと助手席側のインパネオーナメントはカラー塗装され、アクアSのインパネ回りの大きなアクセントとなっています。

 

インパネデザインも直線と曲線をうまく使い分けて、使い勝手の良さを実現しながら、個性的なデザインとなっています。

 

 

 

アクアの車内は広いとは言えませんが、大人4人でも何とか実用に耐えうるスペースはあると思います。ただ、天井が低いので窮屈に感じるのは仕方ないですね。

 

アクアSの内装カラーは、画像のブラック/ブルーブラックと、ブラック/レッドの2色から選べます。

 

ブルーブラックはシンプルな内装が好みの人向け、レッドは遊び心のある配色で、非日常を楽しみたい人や明るい内装が好みの人に合うのではないでしょうか。

 

 

 

レッドインテリアは、女性にも人気が高そうです。

 

 

アクア Sの実燃費は?

 

アクア Sの平均実燃費 23.1km/L

 

アクア Sのカタログ燃費は34.4km/Lです。

 

アクアの街中(渋滞含む)の実燃費は、14-16km/Lまで落ちてしまいます。

 

信号の少ない郊外の道路や流れの良い幹線道路では、26-28km/Lまで伸びるでしょう。高速道路では、21-23km/Lの実燃費となります。

 

アクアの実燃費は、乗り方や季節によって変動が大きいです。冬はエンジンやハイブリッドシステムが温まるのに時間が掛かるため燃費が悪く、春や秋は燃費が良くなります。

 

 

アクア Sを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

 

 

アクア S ノート 1.2 e-POWER X
1,886,760円 1,959,120円
ノートに対して
-72,360円
--
1.5ハイブリッド 1.2e-POWER
15インチスチールホイール 14インチスチールホイール
自動ブレーキ
(MOP)
自動ブレーキ
スマートキー
(MOP)
スマートキー
オートライト(コンライト)
(MOP)
オートライトシステム

シート表皮(S専用ファブリック)

シート表皮(トリコット)

オート電動格納式ドアミラー 電動格納式ドアミラー
4スピーカー 2スピーカー
オートエアコン(花粉除去フィルター付) オートエアコン
ウレタン製ステアリングホイール ウレタン製ステアリングホイール
ハロゲンヘッドランプ ハロゲンヘッドランプ

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

 

アクアSの値引き交渉でライバル車と競合させるなら、高い人気で販売も好調なノートe-POWERが有効でしょう。

 

ノートe-POWERに対しては、自動ブレーキやスマートキー、オートライトなどがノートには標準で付いて、アクアSはメーカーオプションとなってしまいます。

 

これらの装備をメーカーオプションで付けると、アクアSの方が金額が高くなるので、値引き交渉ではここを指摘しましょう。

 

「自動ブレーキやスマートキーが標準で付いているノートe-POWERがアクアSよりも安く買える。ノートよりも安くなるなら本気でアクアを検討したい」とやると効果的でしょう。

 

 

アクア Sのリセールバリューは?

 

アクアSを購入したら、売る時の売却金額も気になるのではないでしょうか。

 

ここでは、新車から3年経過後のアクアSのリセールバリューを調べてみました。

 

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名 新車価格 買取相場 新車価格に対してのリセールバリュー 差額
192.3万円 119万円 61.8% 73.3万円
G G’s 228.3万円 177万円 77.5% 51.3万円
Gブラックソフトレザーセレクション 200.5万円 126万円 62.8% 74.5万円
174.8万円 84万円 48.0% 90.8万円
186.1万円 111万円 59.6% 75.1万円
X-アーバン 204.6万円 142万円 69.4% 62.6万円

 

3年落ちアクアのリセールバリューの傾向は、スポーツコンバージョンモデルのアクアG'Sのリセールが一番高い結果となりました。

 

次に装備の良いGやGベースのグレードになります。アクアSはLグレードよりリセールは高いですが、Gグレードよりは低い結果となっています。

 

アクアSのリセール割合は、アクアのグレードの中でも低い方ですが、新車価格が安いのでその分、売却時の損失額(差額)は少なくなります。

 

その差額で見れば、Gグレードとそれほど変わらなくなるでしょう。

 

同じ損失額なら、装備の良いGを買うか、初期費用が少なく済むSを買うかで、少し迷いますね・・

 

 

アクア Sの値引き後の総支払額は?

 

 

アクア Sの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

 

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

 

 

オプション無しの最安でのアクア S新車値引き見積もり

 

グレード名 アクア S
車両本体価格

1,886,760円

(メーカーOP品名) --
メーカーオプション価格 0円
(ディーラーOP品名) --
ディーラーオプション価格 0円
諸費用 134,637円
目標値引き ▲130,000円
オプション値引き --
支払総額 1,891,397円

 

オプションを全く付けない状態のアクア Sの見積もりは、値引きを含んで1,891,397円でした。

 

目安の目標値引きを達成できれば、諸費用入れても車両本体価格と同程度で購入できる事になります。

 

オプションなしではさすがに不便さが出るので、純正オプションよりも安く買える社外品を調べてみました。

 

オプション品名 社外品 純正オプション
フロアマット 9,720円(14カラー) 23,760円(デラックスタイプ)
ドアバイザー 5,790円 12,960円(ベーシックタイプ)
ナビゲーション 101,700円(カロッツェリア楽ナビ8インチ) 156,600円(7インチ)
革調シートカバー 21,384円~ 48,600円

 

フロアマットやドアバイザーは、純正オプションよりも半値以下で買えてしまいます。

 

特にフロアマットは、自分で取り付け可能なので、ネット通販で購入して自分で付ければ、お手軽にオプション代金を節約できます。

 

ドアバイザーやナビは、自分では付けられない人も居るでしょう。その場合は、持ち込みでディーラーに付けてもらう事も出来ます。

 

普通に頼むと当然工賃を請求されますが、新車契約時に工賃サービスか工賃割引を条件に契約できれば、工賃も節約できて、お得にアクアSに付属品を付けられるでしょう。

 

アクアSの値引き条件に持ち込み工賃のサービスや割引分を含めて、交渉してみましょう。

 

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

 

 

おすすめオプションを含んだアクア S新車値引き見積もり

 

 

グレード名 アクア S
車両本体価格

1,886,760円

(メーカーOP品名) ライムホワイトパールクリスタルシャイン、トヨタセーフティセンスC、スマートエントリーパッケージ、ナビレディパッケージ、寒冷地仕様
メーカーオプション価格 173,880円
(ディーラーOP品名) エントリーナビ、ETCビルトインタイプ、カメラ一体型ドライブレコーダー、サイドバイザー(ベーシックタイプ)、フロアマット(ベーシック)
ディーラーオプション価格 198,658円(工賃込み)
諸費用 134,637円
目標値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲39,000円
支払総額

2,224,935円

 

ボディカラーは売る時にプラス査定が期待できるホワイトパール、利便性とリセールも考えてスマートエントリーパッケージ、安全装備のセーフティセンス、曇りを取るヒーター付きドアミラーや寒い日でもすぐに温風が出るPTCヒーターが含まれた寒冷地仕様をメーカーオプションで選びました。

 

ディーラーオプションでは、安価なエントリーナビ、万一の時にも映像を残せるドライブレコーダー、定番のマットとバイザーを含めて、諸費用と車両値引き・オプション値引きを含んだアクアSの総価格は、2,224,935円となりました。

 

 

アクア Sの値引き実例は?

 

現行型アクア Sは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

 

購入時期 グレード名 値引き額
2016年9月 アクア S スタイルブラック 20.8万円
2016年6月 アクア S 26.0万円

2015年5月

アクア S 21.2万円

2015年6月

アクア S 21.2万円

2015年5月

アクア S 30.0万円

2015年3月

アクア S 23.4万円

2015年3月

アクア S 23.6万円

2015年2月

アクア S 22.5万円

2014年12月

アクア S 24.0万円

2014年1月

アクア S 25.0万円

 

アクアSの値引きは、オプションからの値引きを含めて上記の実例の通り20~30万円の間で可能です。

 

オプションをたっぷりと付けたら、値引きの総額30万円以上も可能でしょう。今後アクアがマイナーチェンジされれば一時的に値引きは渋くなり、フルモデルチェンジされれば、最低半年は値引きが渋くなります。

 

 

下取り車があるならアクア Sがさらに安く買える

 

 

アクアを購入するなら、購入価格は出来るだけ抑えたい所でしょう。

 

もし下取り車があれば、新車の値引き以上にアクアの総支払額を引き下げることが出来ます!

 

方法はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

 

アクアの新車を購入するなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」ことです。

 

なぜそんな事が起こるかと言うと、下取り金額を低く抑えられれば、新車値引きをしてもディーラー的には損が少なくなります。

 

また、後々下取り金額をアップさせて新車契約を取る、セールステクニックに使う事も出来ます。ディーラーには当然メリットが多くなりますね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

ディーラーの下取り金額は、実は簡単に引き上げることが出来ます。

 

以前、管理人はフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

下取り金額は76万円の提示でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算相場は、なんとディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行って、セールスさんに「買取店の相場は96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

すると、結果的にディーラーの下取り金額も96万円へアップすることに。

 

「今回は上司に無理を言って買取店さんに合わせてもらいました。これで決めて下さい!」とセールスさんも頑張ってくれたようです。

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへに伝えただけです。これだけでディーラーの下取り金額を20万円アップさせることに成功しました。

 

 

ディーラーより高ければ、買取店へ売る選択も

 

その後、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り96万円は伝えてあります。

 

買取店の査定の結果、ディーラーよりもさらに高い金額で買い取ってもらう事になりました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラー下取りの96万円からさらに12万円上乗せの108万円です。

 

最初の76万円から見ると、実に32万円のアップですね!かなり嬉しかったです。

 

もし買取店の査定をしていなければ、最初の76万円で売っていたかもしれないと思いうと、本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の簡単な入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい人」「ディーラーの下取り金額と比較したい人」などには、お勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>アクア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com