アクア

アクアを買取相場の上限で売る!

ネットのみで概算査定金額が分かります

アクアの買取額が高くなるポイント

 

アクアの買取金額が高くなる査定のポイントがいくつかあります。

 

その高くなる査定ポイントを抑えて、自分のアクアのアピールポイントを把握しておきましょう。アクアを高く売る材料の一つになります。

 

 

年式と走行距離

 


※アクア 出典toyota.jp

 

アクアの年式は新しい方が、買取金額は高くなります。ただ、ナンバープレートを付けた瞬間から買取相場は一気に下落して、新車登録から1年の間が最もアクアの相場が下がる時です。

 

なので新車でアクアを買って1年で売るのは、あまりお勧めできません。

 

新車から1年が経過すれば、その後は徐々に買取相場が下がって行くので、アクアを売るなら2年目以降が望ましいでしょう。

 

買取相場がそれなりに残っていて、相場の下落が緩やかな3年~5年まで乗って買い替えると、お得度が高いでしょう。

 

走行距離は、新車登録から5年までは年平均1万キロ以下なら走行距離によるマイナス査定はありません。5年以降になると、年間1万キロ平均ではマイナス査定になってしまいます。

 

 

アクアの高く売れる人気のグレードは?

 

アクアの人気グレードは、「1.5 S」「1.5 G」「1.5 G G’s」「1.5 X-URBAN」です。

 

この中で買取相場が高く、今後も高値を維持していくと予想されるグレードは、「1.5 G G’s」でしょう。スポーツタイプで、希少性のあるグレードは中古車市場で人気があり、買取相場も下がりにくいです。

 

「1.5 G」や「1.5 X-URBAN」の買取相場も比較的高値で推移していくでしょう。

 

 

アクア人気のボディカラー

 


※アクア 出典toyota.jp

 

アクアはボディカラーの設定が多く、色によって買取相場の変化が少ない車種の一つですが、その中でも白や黒は流行に左右されず長く安定した人気が見込めます。買取相場も他の色と比べて5~10万円はプラス査定されるでしょう。

 

シルバー系と青系もアクアの新車で多く選ばれる色です。この色も大きなマイナス査定はないでしょう。

 

査定の面で不利な色は、赤系やオレンジ、イエローです。赤は人気でよく選ばれる色ですが、中古車では好き嫌いが分かれる色なので、査定ではマイナスになるケースがあるでしょう。

 

 

アクア人気の装備

 


※アクア 出典toyota.jp

 

アクアの買取金額が高くなる装備は、トヨタセーフティセンスやツーリングパッケージ、LEDヘッドランプのメーカーオプションはプラス査定です。

 

また純正オプションのフロントスポイラーなどの1台分のエアロキット、アルミホイール、TRDやモデリスタのエアロやアルミホイールもプラス査定が期待できます。

 

アクアの装備品は、ディーラーの下取り査定よりも買取店の査定の方が評価ポイントが高くなり、その分ディーラーよりも金額が上がる傾向です。

 

 

アクア買取の時期

 

アクアを売る時期によっても買取相場が増減する時期があります。この時期にあわせてアクアを売れば、高値で売りやすくなるでしょう。

 

4月は新生活を始める社会人や学生が通勤通学で車が必要になったりするので、毎年3月は中古車がよく売れる時期です。

 

3月の需要に合わせて、1月後半~3月中旬までの間は、アクアの買取相場は上昇します。

 

また夏のボーナス時期も中古車が売れる時期です。夏のボーナス商戦に合わせて、5月後半~7月中はアクアの買取相場が上昇するでしょう。

 

8月後半~10月中旬までの間も買取相場が上がります。秋の行楽シーズンに向けた中古車の需要や冬の連休に向けた需要が高まるので、この時期もアクアを売るおすすめの期間になります。

 

逆にアクアを売るのに避けたい時期は、5月の連休明け直後と年末です。この時期は中古車の販売が鈍るので一時的に買取相場が下がってしまいます。

 

 

ディーラーの下取りか買取か?

 

 

アクアを売るなら、お勧めはディーラーの下取りよりも買取店への売却です。何故かと言うと、単純にアクアが高く売れるからです。

 

ディーラーの査定は、査定書に載った基本の金額をベースにアクアの査定額を決定します。

 

買取店の査定は、その時のリアルタイムの中古車相場から、全国のオートオークションの中で最も高い相場を参考に買取金額を決定します。

 

これにより、アクアのような人気車や高年式の車はディーラーよりも加点が付いて、ディーラーの下取り金額よりも高く買取ることが可能になります。

 

買取店の中には、自社で中古車を販売しているところもあるので、業者オークションを通さず自社で買取った車を直接売れば、中間マージンが発生しません。その分、アクアの買取金額にプラスできます。

 

ただディーラーでも決算期やボーナス時期は、メーカーから販売奨励金や下取り対策費などで、下取り金額に上乗せが可能になる時があります。

 

ディーラーの下取り金額に上乗せされた金額が、本当にお得なのか判断するにはやはり中古車相場を反映した買取店の査定が欠かせません。

 

ディーラーの査定と買取店の査定を比較して、最も高いところにアクアを売るようにすれば良いでしょうね。

 

アクアを本当に高く売るなら、当サイトのアクア高価買取りマニュアルをご覧ください。初心者でもかんたんに買取店の買取相場の上限でアクアを売る管理人のノウハウを紹介しています。

 

 

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com