アクアTOPアクア評価>アクア人気色

アクアの人気色ランキング!おススメのカラーを紹介


アクア:toyota.jp

 

トヨタ史上一番早く販売台数100万台を突破した大人気のアクア。


2017年6月に2度目のマイナーチェンジを受け、合計14色+4通りのフレックストーンをラインナップしています。


選びごたえバッチリのラインナップですので、しっかり選んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

トヨタ アクアの人気カラー ランキングを発表!

 

トヨタ アクアの人気色 ランキングはコチラ!


1位 ライムホワイトパールクリスタルシャイン 2

2位 スパーホワイトⅡ 

3位 ブラックマイカ 

4位 シルバーメタリック 

5位 グレーメタリック 

6位 ブルーメタリック

7位 スーパーレッド V2

8位 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク ※2

9位 ベージュ

10位 ジュエリーパープルマイカメタリック

11位 クリアエメラルドパールクリスタルシャイン

12位 オレンジパールクリスタルシャイン

13位 イエロー 

14位 フレッシュグリーンマイカメタリック 

 

※ メーカーオプション 別途32400円(消費税込み)

※2 フレックストーンの設定あり 別途54000円(消費税込み)

⭐︎ 今回のランキングはメーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイトで独自に調査した2017年の人気ボディカラー ランキングです。

 

 

トヨタ アクア 人気のボディカラーを解説!

 

ライムホワイトパールクリスタルシャイン 

 


アクア出典toyota.jp

 

今回の一番人気のカラーは、ほんの少しだけライムグリーンを混ぜ込んだパール系ホワイト。


パールホワイトにありがちなモタっとした感じは全く感じられません。

 

ホワイト系は好きだけど、ソリッド系はちょっと…と言われる方には最適。


車のイメージに合わせてとても爽やかなイメージを表現しています。

 

パール塗装ですので、見る角度によって濃淡がくっきりと浮き出ます。


また、アクア以外では見れないボディカラーですので、他とは違うカラーをお求めの方にはピッタリです。

 

また、今回のマイナーチェンジでシエンタのようにフレックストーンがバリエーションに加わりました。

 

 

左のカッパーメタリックと右側のエアーイエローです。

 

ホワイトパールにさらに爽やかなアクセントが加わるので、ホワイトパールだけでは物足りないと感じる女性オーナーに特におすすめですね。

 

 

 

 

スパーホワイトⅡ 

 


アクア出典toyota.jp

 

純白のソリッド系ホワイトです。
ホワイト好きには堪らない選択となるでしょう。

 

ボディ形状が功を奏しているのでしょうか?


陰影感が非常に美しく、ソリッド系にしてはとても高級感あふれるボディカラーとなっています。

 

リセールバリューもバッチリのホワイト系。ホワイトパールよりは少し落ちますので、そこは承知しておきましょう。


カラー選びに迷ったら、とりあえずこのカラーにしておけば間違いありません。

 

 


ブラックマイカ

 


アクア出典toyota.jp

 

塊感が印象に残るブラックです。

 

ソリッド系では得られない陰影感は、塗装の中に塗り込められたマイカの微細な粒のおかげ。


光の当たる角度によって濃淡がクッキリと浮き出てきます。

 

全グレード、全シリーズでご選択いただける唯一のカラーとなっています。
その人気ぶりも伺えますね。

 

当然リセールバリューも高く、安心してご選択いただけるカラーです。


しかし、小傷が目立ちやすいボディカラーですので、新車時にボディコーティングを施すなどの対策は必須です。

 

 

シルバーメタリック 

 


アクア出典toyota.jp

 

明るいシルバーカラー。
乗る人や利用シーンを全く選びません。

 

飽きがこないボディカラーですので、長く乗る予定の方には最適です。

 

また、汚れが目立たないボディカラーですので、ハードに使い倒す方にはとても重宝されること間違いありません。

 


グレーメタリック 

 


アクア出典toyota.jp

 

ダーク系のグレーです。

ダーク系やモノトーンカラーは好きだけど、真っ黒はお好きではない向きには最高の選択です。

 

メタリック塗装ですので、光の当たり方でその表情を変えてくれます。


昼間はダークグレーですが、夜間は輝きのあるブラック系にも見えます。

 

このカラーも、利用シーンを選びませんので、どんなところへも気負わず乗っていけますね。

 

 


ブルーメタリック

 


アクア出典toyota.jp

 

とても鮮やかなでスポーティなイメージのブルーです。


しかもメタリック塗装ですので、輝き方がソリッド系とは違います。

 

太陽の光の下では見る角度によって、爽やかなブルーに見えたり、時にはマリンブルーが顔を覗かせます。


夜は街灯の光を反射すると高級感のある輝きを放ちますので、スタイリッシュなイメージ満載です。


昼の顔と夜の顔の2種類を楽しめるとてもお得なボディカラーです。

 


スーパーレッド V 

 


アクア出典toyota.jp

 

みんなが大好きなレッドカラーです。

 

ソリッド系の赤ですが、チープさは一切感じさせません。
塗装表面の光沢感はメタリック塗装顔負け。


ヨーロッパの石畳が似合う雰囲気のボディカラーです。

 

さらに2017年6月のマイナーチェンジで、フレックストーンが加わりました。

 

 

赤いボディカラーにスティールブロンドメタリックの差し色がスタイリッシュですね。

 

アクアの赤は女性オーナーが多く乗っているイメージですが、このクールなフレックストーンなら、男性がカッコよく赤いアクアに乗れるのではないでしょうか。

 

 

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

 

 

今回のマイナーチェンジでアクアに加わったカラーです。

 

MC前のハリアーやヴォクシーに採用されているカラーですね。

 

黒がベースですが光の当たり加減で、紺や深緑に見えるシックなカラーです。

 

派手すぎない色ではありますが、しっかりと個性を主張するカラーです。これは男性におススメのカラーですね。

 

このカラーにもフレックストーンが採用されています。

 

 

個人的にはこの組み合わせのカラーが一番カッコよく見えます!

 

やはり濃色にメタルやシルバーのカラーは相性が抜群ですね。

 

エアロを組み合わせてもすごく似合いそうなカラーです。

 

 

ベージュ

 

 

2017年6月のマイナーチェンジで追加された、「クロスオーバー」の専用色です。

 

ランクルに設定されているようなアクティブなイメージのベージュです。

 

クラシックにも感じるベージュは、クロスオーバースタイルのアクアを、よりSUVらしい雰囲気に際立たせるカラーですね。

 

黒い樹脂素材のフェンダーアーチやグリル、ルーフモールとの相性もバッチリです。

 

 

ジュエリーパープルマイカメタリック

 

 

2017年6月のマイナーチェンジで新設定された、ジュエリーパープルマイカメタリックです。

 

光の当たらない場面では、とても深みのあるパープルですが、光の当たる場面ではマイカ塗装によってキラキラと一段明るいパープルに変身します。

 

コンパクトなアクアが光り輝く様は、名前の通り高貴な宝石のよう??

 

男性にも女性にも合うカラーですね!

 

 

クリアエメラルドパールクリスタルシャイン

 

 

こちらも2017年6月のマイナーチェンジで新設定されたカラーです。

 

これまでの明るいスカイブルーとはまた違ったパステルカラーです。

 

名前の通り、エメラルドグリーンの海を連想させるような、爽やかでありながら深みを併せ持つ、ある意味濃厚な色です。

 

高級感のあるパールが配合されているので、光の当たる所では、まさにエメラルドの海のように、澄んだキラキラ感が楽しめるでしょう。

 


オレンジパールクリスタルシャイン 

 


アクア出典toyota.jp

 

ヨーロッパでスポーティと言えばオレンジカラー。


御多分に洩れず、とてもスポーティな印象を与えてくれます。

 

更にはパール塗装のおかげで光の角度によってはゴールドが顔を覗かせ、この手の明るめのボディカラーでは珍しく高級感ハンパないです。

 

とても自己主張の強いボディカラーですので、乗る人の個性を浮き彫りにしてくれます。
カラーに負けないようにしなくてはなりませんね!

 


イエロー 

 


アクア出典toyota.jp

 

パッと目をひくイエローカラー。
こちらもとてもスポーティな印象です。

 

原色の発するパワーをそのまま身にまとった、元気のでるボディカラーとなっています。

 

 

フレッシュグリーンマイカメタリック 

 


アクア出典toyota.jp

 

とても綺麗なライムグリーンです。
爽やかな印象を与えてくれます。

 

こちらもソリッドではなくマイカの微細な粒を含むメタリック塗装。
光の当たり具合で色合いが変わる表情豊かなボディカラーです。

 

 

トヨタ アクア おすすめカラーは?

 

これだけ選択肢があるととても楽しい反面、選ぶのが難しい…と言われる方もいらっしゃるでしょう。


以下も参考にしながら「頑張って」選んでください!

 


リセールバリューなら?

 

ホワイト系2カラーとブラックマイカで決定です。

 

やはり安定の高査定が期待できるのはこのカラー達。
査定担当者がよだれを垂らして喜ぶカラーですので間違いありません。

 

しかし、小傷などは減点対象になりやすいので、ボディコーティングを施すなどの対策は必須です。

 


スタイリッシュに乗るなら?

 

ジュエリーパープルマイカメタリックか、ダークブルーマイカでバッチリ決めてください。


この2カラーはとてもオシャレですね。
洋服に気を使うタイプの方にもピッタリ。

 

想像するだけでかっこいいです!

 


個性派のあなたには?

 

クリアエメラルドパールクリスタルシャインオレンジパールクリスタルシャインフレッシュグリーンマイカメタリック辺りを選ぶと個性爆発ですね!

 

 

無難に乗りたい向きには?

 

シルバーメタリックグレーメタリックが良いと思います。
とても目立ちにくく、どんな利用シーンにも馴染む万能選手です。

 

さらにうれしい事に傷や汚れが目立ちません!

 

長く快適にアクアに乗る事が出来ますね。

 

 

2017年6月のマイナーチェンジで廃止されたカラーは?

 

残念ながらマイナーチェンジで廃止された5色のアクアのボディカラーをこちらでまとめています。

 

中古車のアクアを買う際に、参考にしてみて下さい。

 

 

ディープアメジストマイカメタリック

 


アクア出典toyota.jp

 

超ダーク系の紫です。

 

マイカの微細な粒が塗り込められているマイカメタリック塗装ですので、光の強さ、角度によって大きく見え方が変わります。


明るいところでは、ダークパープル。
時としては高級な赤ワインのような表情を見せることも。


夜には光の反射で怪しく輝き、パープルよりはどちらかと言うと明るめのブラックに近づきます。

 

高級感がたまらないボディカラーですので、それに見合うオシャレをして乗っていただきたいと思います。

 

 

クールソーダメタリック

 


アクア出典toyota.jp

 

見ているだけで元気が出てきそうなパステル系スカイブルーです。

 

リゾート地で飲むカクテルの様な爽やかなブルー。
間違いなく夏の海が似合います。

 

この系統のカラーは通常ソリッド系が多いのですが、このカラーはメタリック塗装ですので光の反射加減は半端なく、濃淡がとても鮮明です。

 

 

チェリーパールクリスタルシャイン 

 


アクア出典toyota.jp

 

これは不思議なピンク系カラーです。


見る角度によってビビットなピンクとパステル系のピンクの両方の表情を見せてくれるのはパール塗装のせいでしょうか?

 

相当個性的なピンクですので目立つこと間違いなし。
乗り手を選ぶボディカラーですね。

 

夜の街にとても似合うと思うのは私だけでしょうか?
ぜひ街灯の光の下で見たいボディカラーです。

 

ドアミラーやドアハンドルなどをメッキのアクセントで彩るシャイニーデコレーションをオプション装着した時にのみ選択可能なボディカラーとなっています。

 

 

パープルメタリック

 


アクア出典toyota.jp

 

パステル系のパープルです。


ソリッド系?と思いきや何とメタリック塗装を奢っていますので、パステル系にはない色の濃淡がとても美しく安っぽく見えません。

 

ドアミラーやドアハンドルなどをメッキのアクセントで彩るシャイニーデコレーションをオプション装着した時にのみ選択可能なボディカラーとなっています。


G’z、Xアーバン、Xアーバン・ソリッド、S スタイルブラック、L では選択できません。

 

 

ダークブルーマイカ

 


アクア出典toyota.jp

 

その名の通り、とても深い青です。


夜に見るとブラックに見間違えてしまいそうなくらいです。

その分、とてもスタイリッシュで都会的な印象を与えてくれます。


マイカの粒を含むマイカ塗装ですので、光の角度によって明るいブルーとダーク系のブルーの二つの顔を見せるニクイやつです。


シックな装いにも十分負けないオシャレなボディカラーとなっています。

 

S スタイルブラック専用色

 

 

アクアのボディカラー選びのまとめ

 

結局のところ、カラーを選ぶのは自分の価値観なのだと思います。


私が選ぶとすると間違いなくオレンジパールクリスタルシャインですが、「えーっ!?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

人によって譲れないポイントがあると思います。
そのポイントを最優先に考えればすぐ答えは見つかるもの。

 

自分らしく、こだわってカラー選びを楽しんでください!

 

 

下取り車があれば、アクアの支払額を下げられる!

 

アクアのグレードを検討したら、アクアの購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があれば、新車の値引き以上にアクアの総支払額を引き下げることが出来ます!

 

方法はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

 

アクアの新車を購入するなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」ことです。

 

なぜそんな事が起こるかと言うと、下取り金額を低く抑えられれば、新車値引きをしてもディーラー的には損が少なくなります。

 

また、後々下取り金額をアップさせて新車契約を取る、セールステクニックに使う事も出来ます。ディーラーには当然メリットが多くなりますね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

ディーラーの下取り金額は、実は簡単に引き上げることが出来ます。

 

以前、管理人はフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

下取り金額は76万円の提示でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算相場は、なんとディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行って、セールスさんに「買取店の相場は96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

すると、結果的にディーラーの下取り金額も96万円へアップすることに。

 

「今回は上司に無理を言って買取店さんに合わせてもらいました。これで決めて下さい!」とセールスさんも頑張ってくれたようです。

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへに伝えただけです。これだけでディーラーの下取り金額を20万円アップさせることに成功しました。

 

 

ディーラーより高ければ、買取店へ売る選択も

 

その後、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り96万円は伝えてあります。

 

買取店の査定の結果、ディーラーよりもさらに高い金額で買い取ってもらう事になりました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラー下取りの96万円からさらに12万円上乗せの108万円です。

 

最初の76万円から見ると、実に32万円のアップですね!かなり嬉しかったです。

 

もし買取店の査定をしていなければ、最初の76万円で売っていたかもしれないと思いうと、本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の簡単な入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい人」「ディーラーの下取り金額と比較したい人」などには、お勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>アクア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com