アクアTOPアクア評価>アクアの内装

アクアの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

アクアの内装を徹底評価!インパネ、シート、収納、荷室のチェック

 

2011年に発売され、2014年に初のマイナーチェンジがされたトヨタの『アクア』


カラーバリエーションが豊富で、自分だけのオリジナルアクアを作ることができるため、発売当初からとても人気です。


カラーバリエーション豊富なアクアの内装はどのようになっているのでしょうか。


選択できるカラーやシートデザイン、収納について詳しく見ていきましょう!

 


アクアの内装の質感は?

 

アクアの内装色


アクアの内装色は、グレードによってそれぞれカラーが決まっています。


各グレードには、どのようなカラーが採用されているのか見ていきましょう。

 

 

○ カラーバリエーション豊富な「オリジナル」の内装色

 

アクアLの内装色(ナチュラルグレー)

アクアLの内装色(ナチュラルグレー)
アクア:toyota.jp

アクアLには、ナチュラルグレーが使用されています。


車内全体がブラックパーツを使っているので、相性もバッチリです。

 

 

アクアSの内装色(レッド)

アクアSの内装色(レッド)

アクアSの内装色(ブルーブラック)

アクアSの内装色(ブルーブラック)

アクアSには2種類のカラーが用意されています。


レッドは、鮮やかな色合いの赤といった感じです。


もう一つのカラーは、ブルーブラックと呼ばれるカラーで深みがあり、どちらかというとネイビーに近い色ですね。

 

 

アクアGの内装色(ディープブラウン)

アクアGの内装色(ディープブラウン)

アクアGはディープブラウンが使用され、落ち着いた内装色となっています。


かなり濃いブラウンなので、ブラックとのコントラストも絶妙で雰囲気もいいですね。

 

 

アクアG ソフトレザーセレクションの内装

アクアG ソフトレザーセレクションには、ブラックのソフトレザーが採用されています。

 

 

アクアG ソフトレザーセレクションの内装色ホワイトソフトレザー

また、注文時に内装色のホワイトソフトレザーも選択可能です。

 

画像では分かりにくいですが、レザーが使用されているため車内に高級感が出ます。

 

 

○ クロスオーバータイプの「X-アーバン」の内装色

 

 

インパネオーナメントは、合成皮革を使用したパネルとなっており、アクアG/Gブラックソフトレザーセレクションと同じ素材になっています。


また、X-アーバンにはアクセントのモールが施され、シルバーとオレンジの2色から選択することができます。


X-アーバンはオリジナルと比べ、選択できるカラーが少ないですが、車内の統一感があり飽きのこないデザインとなっていますね。

 

 

○ 特別仕様車「X-アーバン ソリッド」「S スタイルブラック」の内装色

 

* X-アーバン ソリッド

 

 

* S スタイルブラック

 

どちらも合成皮革巻きオーナメントが使用されています。


X-アーバン ソリッドには、アクセントカラーがシルバーとオレンジの2色から選択することができ、ベースグレードと同じ仕様となっています。

 

 

S スタイルブラックのピアノブラック加飾

S スタイルブラックのピアノブラック加飾

S スタイルブラックには、ピアノブラック加飾が施されています。

 


アクアのシート表皮・デザイン


シート表皮やデザインに関してもグレードによって様々な違いがあります。


オリジナルとX-アーバン、特別仕様車それぞれ見ていきましょう。

 

 

○ オリジナルのシート表皮・デザイン

 

アクアLのシートカラーはナチュラルグレーでシート表皮はファブリックを使用

アクアLにはファブリック素材のシートが使用され、シートカラーはナチュラルグレーとなっています。

 

シートの大部分はナチュラルグレーを使用し、シート側面や後部座席ヘッドレストにブラックが施されます。ナチュラルグレーとブラックの配色がいいですね。


シート柄も四角いドット調になっています。

 

シートデザインは、シートバック一体式フロントヘッドレストとなっているため、ヘッドレストの高さ調節ができません。

 

 

アクアSのファブリックシート(レッド)

アクアSのファブリックシート(ブルーブラック)

アクアSにはSグレード専用のファブリックシートが使用され、シートカラーは2種類あります。


レッドは、ブラックとのコンビネーションシートです。

 

シート座面の一部と背面にレッド、サイドサポート部分を縁取るようにブラックという配色になっています。

 

もう一つのカラーであるブルーブラックはブラックとのコンビネーションです。

 

こちらは座面の一部と背面にブルーブラック、サイドサポート部分を縁取るようにブラックとなっています。


アクアSのシートカラーは標準でブルーブラックとなっているので、レッドを選択したい場合は、注文時に選ぶ必要があます。

 

 

アクアGのスエード調ファブリックシート

アクアGはスエード調ファブリックシートとなっています。

 

アクアL/Sと比べて手触りの良い素材となっています。

 

 

アクアG ソフトレザーセレクションのシート表皮

アクアG ソフトレザーセレクションのヘッドレスト部分

アクアG ソフトレザーセレクションの背もたれ部分

アクアG ソフトレザーセレクションのシートクッション部分

 

アクアG ソフトレザーセレクションには、合成皮革のシート表皮となっており、シルバーステッチが施されています。


シート全面に合成皮革が使われているので、かなり高級感がありますね。

 


○ X-アーバンのシート表皮・デザイン

 

 

X-アーバンのシートには、合成皮革とファブリックシートのコンビネーションシートとなっています。


座面や背面にはファブリック素材が使用され、サイドサポート部分は合成皮革なので、コーナーの時でも体が滑ったりすることなく、体が安定します。

 

シート全体がレザーのものよりも蒸れにくく、また滑りにくいのが特徴ですね。

 

また、上画像のようにX-アーバンのシートにはアームレトが装着されています。

 

このアームレストは細く、アクアG/Gブラックソフトレザーセレクションに装備されている収納付きのアームレストの方が使い勝手が良さそうです。

 

 

シートデザインに関しては、アクアL以外のすべてのグレードに上下調整式のヘッドレストが採用されています。

 

 

○ 特別仕様車「X-アーバン ソリッド」「S スタイルブラック」のシート表皮・デザイン

 

X-アーバン ソリッドには、合成皮革とファブリックのコンビネーションシートが採用され、内装色と連動して、シルバーステッチ、オレンジステッチが施されます。


細かい部分のカラー統一がされ、車内の雰囲気からも特別仕様車といった印象を受けます。

 

 

S スタイルブラックのシート表皮

アクアSスタイルブラックのアームレスト

S スタイルブラックには、ファブリック素材が使用され、シートにはアームレストが装備されています。

 

 

アクアのインパネ

 

○ ステアリング

 

ステアリングに関して、グレードによってそれぞれ違いがあります。

 

アクアG/Gソフトレザーセレクションの本革巻きステアリング
アクアG/Gソフトレザーセレクション、クロスオーバーには、シルバーステッチの入った本革巻きステアリングに、高輝度シルバー塗装とピアノブラック加飾が施されています。

 

 

アクアSのステアリング

アクアSには、ウレタン素材のステアリングに高輝度シルバー塗装とピアノブラック加飾が施されています。

 

 

アクアLのステアリング

アクアLは加飾のないウレタン素材のステアリングとなっています。


本革巻きのステアリングとウレタン素材のものとでは、握った感触がかなり違うので実際に触れてみることをオススメします。

 

 

アクアSスタイルブラックのステアリング

さらに特別仕様車S スタイルブラックのステアリングは、本革巻仕様に加えラメ入りピアノブラック塗装が施され、ブラックで統一された車内とマッチしています。

 

 

○ ウインドウスイッチ

 

アクアのドアスイッチ類

アクアには電動開閉式のスイッチが装備されています。そしてスイッチベースにはそれぞれのグレードカラーに合わせたアクセントも施されています。

 

 

アクアLの後席ウィンドウ開閉は手動式タイプ

アクアLに関して、リア側のウインドウは手動で開閉するタイプとなっています。

 

現在では、あまり見かけなくなりましたが、くるくると回すタイプのものとなっています。

 

 

○ サイドレジスター

 

エアコンの吹き出し口の形状や加飾が異なります。

 

アクアのエアコン吹き出し口の形状
まず、アクアS、G/Gソフトレザーセレクション、クロスオーバーには、画像のように立体的で奥行きのあるものが採用され、中央のつまみを回すことで風向や風量を細かく調整することができます。

 

さらに、グレードによってピアノブラック加飾とメッキ塗装が施されています。

 

 

アクアLのサイドレジスター

アクアLは3枚フィン形状のレジスターとなっています。


風向の調節はできますが、風量の調節はできません。

 

 

○ シフトノブベース

 

アクアのシフトノブベース

 

シフトベース部分にピアノブラック加飾が施されているグレードは、アクアG/Gソフトレザーセレクション、クロスオーバーとなり、それ以外のアクアS、Lには加飾がされません。


また、アクアL以外にはシフトノブ部分もメッキが施されるなど、細かいパーツではありますが、加飾がされるかされないかで車内の雰囲気が大きく違ってきます。

 


アクアの収納・荷室の使い勝手は?

 

運転席・助手席の周りの収納


まずは、運転席の収納を見ていきましょう。

 

 

○ メーターサイドボックス

 

アクアのメーターサイドボックス

 

運転席の前方に収納ボックスが装備されています。


収納スペースは2つあり、深さがある部分と浅い部分とに分かれているので、収納するものによって使い分けができます。


しかし、フタが付いていないため、収納しているものが車外から見えてしまうことが欠点です。


カード類などや視界を遮ってしまう高さのある物は置けません。

 

 

○ フロントコンソールトレイ/ドリンクホルダー

 

アクアのフロントコンソールトレイ

シフトノブ前方にドリンクホルダー2つとトレイが装備されています。


形状は上部のパネルの影響で、やや斜めになっています。

 

ドリンクホルダーも同じように斜めの位置関係で配置されているので、使い始めは少し戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

 

上部パネルの張り出しによりトレイが使いにくい。
また、上部のパネルの張り出しにより、トレイに置いたものを取り出す際に干渉するので不便に感じてしまいます。

 

 

○ サイドドアポケット/ドリンクホルダー

 

アクアのサイドドアポケット&ドリンクホルダー

 

ドリンクホルダーと雑誌などが置けるスペースが装備されています。


ドリンクホルダーには500mlのペットボトルを置くことができますが、サイドポケットはやや小さく、あまり大きな雑誌や地図を置くことができません。

 

 

○ パーキングブレーキ横トレイ

 

アクアのパーキング横トレイ

 

パーキングブレーキ横にスマホや財布を置くのに最適なトレイが装備されています。

 


次に助手席の収納です。

 

○ オープントレイ

 

アクアのオープントレイ

 

助手席の前方にオープントレイがあります。


手軽に小物やスマホを置けるので、使い勝手がいいですね。

 

さらに、走行中小物などが落ちてしまわないような工夫もされています。

 

 

○ グローブボックス

 

アクアのグローブボックス

アクアのグローブボックス(オープン時)

 

オープントレイの下に定番のグローブボックスが装備されています。


車検証やボックスティッシュも収納できるので、とても便利ですね。

 

 

○ サイドドアポケット/ドリンクホルダー

 

アクア助手席側のサイドドアポケット

 

運転席側と同様に、ドリンクホルダーと収納スペースがあります。

 


後部座席の収納

 

○ シートバックポケット

 

アクアの助手席シートバックポケット

 

助手席のシートバックにポケットがあります。


シートがやや後ろに傾斜しているので、あまり大きなものは入りませんが、雑誌や地図などを収納できます。


シートバックポケットは、アクアS、G/Gソフトレザーセレクション、クロスオーバーに装備されます。アクアLには装備されていません。

 

 

○ リアカップホルダー

 

1つのドリンクホルダーと小さめのコンソールトレイが装備されています。

 

 


後部座席にはドアサイドにポケットがありますが、ドリンクホルダーはありませんからリアのドリンクホルダーは1か所のみとなります。

 

 

○ 買い物フック

 

アクアの運転席シートバックの買い物フック

アクアの後席シートバックの買い物フック

 

アクアS、G/Gソフトレザーセレクション、クロスオーバーには運転席と後席のシートバックに買い物フックが装備されます。

 

アクアの収納はやや少ないように感じます。


収納が少ないと置き場所に困ってしまいますね。

 


アクアの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

 

アクアの荷室

アクアの荷室のサイズは、高さ815mm・幅946mm・奥行き722mmとなっています。


コンパクトカーとしては、奥行きがあるのでかなり使い勝手がいいですね。

 

 

アクアの後部座席を倒すことで荷室の奥行きが広がる。

また、後部座席を倒すことによって奥行きが1480mmまで広くなるのでゴルフバッグやベビーカーも積むことができます。

 

 

アクアL以外のグレードは6:4分割シートで人も荷物も大丈夫

アクアL以外のグレードは6:4分割でシートを倒せるため、人も荷物も同時に乗せることができるのもいいですね。

 

さらに、アクアには床下収納も装備されています。


床下にはパンク修理キットがありますが、洗車用品などを少し置いておけるスペースもあるので、パンク修理キット装着車でも問題なく使えます。


パンク修理キット装着車でない場合は、そのまま床下収納として使用できます。

 

アクアの荷室はタイヤハウスの張り出しも少なく、しっかりと荷室のスペースを使うことができますから、見た目は小さいですが意外と荷物が積めることに驚きます。

 


アクアの内装まとめ

 

アクアは選択するグレードによって、内装色やシートカラーなどが決まります。

 

アクア


さらに、ボディカラーもかなり豊富なので注文時にはかなり悩みますが、自分好みの車に仕上げることができるのが嬉しいですね。また、特別仕様車も用意されているので、スポーティな見た目やブラックで統一された車内を楽しみたい方にはオススメです。


収納に関してはやや少ないため、必要なら後付けで収納を増やすなどの工夫が必要かもしれません。

 

しかし、荷室については紹介したように、空間を上手く利用して、多くの荷物を積むことができます。

 

見た目以上に収納力があるアクアはかなりオススメです。

 

 

下取り車があれば、アクアの支払額を下げられる!

 

アクアのグレードを検討したら、アクアの購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があれば、新車の値引き以上にアクアの総支払額を引き下げることが出来ます!

 

方法はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

 

アクアの新車を購入するなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」ことです。

 

なぜそんな事が起こるかと言うと、下取り金額を低く抑えられれば、新車値引きをしてもディーラー的には損が少なくなります。

 

また、後々下取り金額をアップさせて新車契約を取る、セールステクニックに使う事も出来ます。ディーラーには当然メリットが多くなりますね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

ディーラーの下取り金額は、実は簡単に引き上げることが出来ます。

 

以前、管理人はフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

下取り金額は76万円の提示でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算相場は、なんとディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行って、セールスさんに「買取店の相場は96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

すると、結果的にディーラーの下取り金額も96万円へアップすることに。

 

「今回は上司に無理を言って買取店さんに合わせてもらいました。これで決めて下さい!」とセールスさんも頑張ってくれたようです。

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへに伝えただけです。これだけでディーラーの下取り金額を20万円アップさせることに成功しました。

 

 

ディーラーより高ければ、買取店へ売る選択も

 

その後、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り96万円は伝えてあります。

 

買取店の査定の結果、ディーラーよりもさらに高い金額で買い取ってもらう事になりました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラー下取りの96万円からさらに12万円上乗せの108万円です。

 

最初の76万円から見ると、実に32万円のアップですね!かなり嬉しかったです。

 

もし買取店の査定をしていなければ、最初の76万円で売っていたかもしれないと思いうと、本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の簡単な入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい人」「ディーラーの下取り金額と比較したい人」などには、お勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>アクア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com