アクアTOPアクア評価>アクア人気オプション

アクアでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!


アクア:toyota.jp

 

先のマイナーチェンジによりスタイリングをリフレッシュ、さらに燃費性能や乗り心地、操縦安定性などの向上も実現したベストセラー・ハイブリッドカー、「トヨタ・アクア」で人気のオプションとナビを評価します。

 

メーカーオプションは安全装備やエクステリア関係などに限られる一方、ディーラーオプションはエクステリア&インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビ・オーディオ関連など多彩なラインナップとなっています。

 

 

 


アクアのおすすめメーカーオプションは?


安全装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇LおよびSならトヨタ セーフティ センス C

 

今新車を購入するなら是非とも欲しいのが予防安全装備ですが、アクアにも最新の予防安全システム「トヨタ セーフティセンス C」が用意されています。

 

 

その内容は、レーザーレーダーと単眼カメラにより先行車を検知し、衝突が予測されるとブレーキアシストや自動ブレーキにより衝突回避をサポートする「プリクラッシュセーフティシステム」、センサーで道路上の白線を認識し、ウィンカー操作を行わず車線を逸脱しそうになるとブザーとディスプレイ表示により警告する「レーンディパーチャーアラート」、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間走行時に歩行者などの早期発見をサポートする「オートマチックハイビーム」の3つの機能からなっています。

 

それに「先行車発進告知機能」を加えたものが「G」以上のグレードに標準装備されますが、廉価グレード「L」および「S」では54,000円のオプション扱いとなっています。

 

予算の制約があってLやSを選ぶケースもあるかと思いますが、安全のためのプラスアルファの出費は惜しまないで欲しいところです。

 


〇スマートエントリーパッケージ

 

 

Sグレードやクロスオーバーには、スマートキーが付いていませんが、メーカーオプションで付ける事が出来ます。

 

Lグレードには残念ながら設定がありません。


スマートキーは一度使うと手放せないとても便利な機能です。

 

キーを取り出さずに携帯しているだけで、ドアロックの開閉が可能で、エンジンもキーを取り出さずにボタンでスタートする事が出来ます。


リセールもスマートキーがあった方が強いので、43,200円掛かりますが是非付けておきたいオプションです。

 


エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇15×5 1/2Jアルミホイール&センターオーナメント

 

 

「クロスオーバー」を除き、アクアのホイールは全車スチールホイール&ホイールキャップが標準となっています。

 

もし足元をお洒落にきめたいならば、48,600円で付けられる表記のアルミホイールセットがおススメです。

 

外観上のメリットだけでなく、バネ下荷重軽減による乗り心地やハンドリングの向上も期待できるので、出費分の見返りは十分得られます。

 

 

その他のおすすめメーカーオプションは?

 

〇ビューティパッケージ

 


ビューティパッケージには、ナノイーと、運転席・助手席のシートヒーター、赤外線カット機能付きフロントガラスが含まれています。


ナノイーもクリーンな風を循環できるので気分的にうれしい装備ですが、特にシートヒーターはおススメです。


真冬の寒い日は、中々車内が温まりません。特にハイブリッドはエンジン温まりに時間が掛かるので、温風が出るまで時間も掛かるでしょう。


そこで重宝するのが、シートヒーターです。スイッチを入れれば、車の暖房よりも早く温まり始めます。暖房と併用すれば、寒い日でも快適なドライブが出来るでしょう。

 

 

〇ナビレディパッケージ

 


バックカメラと6スピーカーのセットです。

 

ナビを付けるならバックカメラは必須と言っても良いでしょう。

 

さらに6スピーカーになれば、奥行きのある音楽を楽しむことが出来ます。

 

価格もそれほど高くないので、アクアにナビを付けるなら、付けておきたいメーカーオプションです。

 

 

アクアのおすすめディーラーオプションは?


エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇サイドバイザー(ベーシック)

 

前席用および後席用ドアのウィンドウ上部に取り付けるアクリル製のバイザーで、雨天時などの換気のほか、炎天下に駐車した際にウィンドウをわずかに開けておいて熱気を逃がすなどの用途に活用できます。

 

また、本来デメリットとなる高速走行時の風切り音増加に関しても、しっかり軽減対策が施されています。

 

価格も12,960円と手頃なので、外観のシンプルさが若干損なわれる点を許容できるならおススメです。

 


インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇フロアマットはクロスオーバー以外ならベーシックタイプを

 

 

室内の質感アップやフロアの汚れ防止に効果的なフロアマットは、多くのユーザーがチョイスする人気アイテムとなっています。

 

アクアにはクロスオーバー専用品と、クロスオーバー以外のグレードに付けられる「デラックスタイプ」および「スタンダードタイプ」の3種類が用意されています。

 

もしクロスオーバー以外のグレードを購入するなら、安価(16,200円)な方のスタンダードタイプで十分です。

 

23,760円のデラックスタイプと異なり消臭・抗菌機能はありませんが、そもそも臭いや菌はシートやドア内張りなどにも付着するので、フロアマットだけにそれを軽減する機能が付いていてもあまり意味がないからです。

 


安全装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇アスフェリカルミラー(助手席)

 

 

このオプションを選ぶと、助手席側のドアミラー鏡面下部が非球面ミラーとなります。

 

視野角が下方に大きく拡大されるので、後輪付近の障害物や白線が見やすくなり、バックでの駐車がラクになります。

 

価格も9,504円と安いので、特に駐車に苦手意識のある方にはおススメです。

 


ナビのおすすめディーラーオプションは?

 

〇T-Connectナビ 7インチモデル

 

 

アクアには、ディーラーオプションとして3機種7タイプのナビが設定されていますが、当サイトのおススメは156,600~157,680円で装着できる表記のナビです。

 

価格は3機種のうち中間に位置するもので、上級の「T-Connectナビ 9インチモデル」(265,680円)と比較すると画面の大きさや精細度では劣るものの、ナビとしての性能・機能面ではほとんど遜色ありません。

 

一方、95,040~96,120円と最も安価な「エントリーナビ7インチモデル」はT-Connect(通信機能)を持たないため、渋滞を考慮したルート情報を提供する機能や音声対話サービス機能がないなど、機能面で見劣りがしてしまいます。

 

したがって、コストパフォーマンス重視の観点で選ぶなら表記の機種がベストということになります。

 

また、4万5千円ほどプラスするとセキュリティサービスの利用や道路情報の自動更新、オペレーターへの接続などが可能となる「DCMパッケージ」が付けられます。

 

予算に余裕があるならこちらを選んでも良いでしょう。

 


ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・


〇エアロパーツセットはコストパフォーマンスが悪い

 

 

エクステリア関係のセットオプションのひとつに、「フロントスポイラー」「サイドマッドガード」「リヤバンパースポイラー」がセットになった「エアロパーツセット」と呼ばれるものがあります。

 

メーカーでは「オススメ」と称しているのですが、空力特性改善などに関する説明が一切ないので、高速走行時に何らかの効用が得られるのかどうか不明です。

 

単に見た目がスポーティになれば良いのであれば問題ありませんが、最低地上高が減少するため、ちょっとした段差で擦ってしまうリスクを甘受する必要があります。

 

価格は3点を個別で装着するよりも2万円ほど安価な127,440円となっていますが、絶対的には高価なので、費用対効果などを考えると積極的にはおススメできません。

 


〇トノカバー

 

 

ディーラーオプションでトノカバーがありますが、これは荷室の荷物を外から見られたくない場合に付けるのが目的です。


荷室に特別見られて困るものを置かないなら、必要ありません。


反対にトノカバーを付けると、荷室の高さが制限されて、荷物を積む容量が少なくなります。

 

大きな荷物の出し入れにも邪魔なので、特に必要ないでしょう。


 

下取り車があれば、アクアの支払額を下げられる!

 

アクアのグレードを検討したら、アクアの購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があれば、新車の値引き以上にアクアの総支払額を引き下げることが出来ます!

 

方法はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

 

アクアの新車を購入するなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」ことです。

 

なぜそんな事が起こるかと言うと、下取り金額を低く抑えられれば、新車値引きをしてもディーラー的には損が少なくなります。

 

また、後々下取り金額をアップさせて新車契約を取る、セールステクニックに使う事も出来ます。ディーラーには当然メリットが多くなりますね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

ディーラーの下取り金額は、実は簡単に引き上げることが出来ます。

 

以前、管理人はフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

下取り金額は76万円の提示でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算相場は、なんとディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行って、セールスさんに「買取店の相場は96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

すると、結果的にディーラーの下取り金額も96万円へアップすることに。

 

「今回は上司に無理を言って買取店さんに合わせてもらいました。これで決めて下さい!」とセールスさんも頑張ってくれたようです。

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへに伝えただけです。これだけでディーラーの下取り金額を20万円アップさせることに成功しました。

 

 

ディーラーより高ければ、買取店へ売る選択も

 

その後、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り96万円は伝えてあります。

 

買取店の査定の結果、ディーラーよりもさらに高い金額で買い取ってもらう事になりました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラー下取りの96万円からさらに12万円上乗せの108万円です。

 

最初の76万円から見ると、実に32万円のアップですね!かなり嬉しかったです。

 

もし買取店の査定をしていなければ、最初の76万円で売っていたかもしれないと思いうと、本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の簡単な入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい人」「ディーラーの下取り金額と比較したい人」などには、お勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にカープライスの買取オークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけカープライスの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく900社以上の買取店や中古車販売店から入札を受けられます。

 

カープライスの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

900社以上もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、カープライスの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

店舗での査定か自宅まで来てくれる出張査定を1度受けるだけで、あとはカープライスにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなるでしょう。

 

>>カープライスの査定申し込みはこちら

 

 

 

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>アクア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com