アクアTOPアクア評価>アクアの運転

アクアは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アクアの運転難易度は?

 

アクアの購入を検討されている方は、運転がしやすいのか、それとも難しいのかが気になるのではないでしょうか?

 

コンパクトカーのアクアですが、意外と見切りが悪くて運転が難しいという評価もあるようです。

 

そこで、アクアは運転しやすいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

 

 

 

アクアの大きさは?ボディサイズをチェック

 

まず初めに、アクアの売れ筋グレード「G」のボディサイズをチェックしてみましょう。

 

【アクア G】
全長 4,050mm
全幅 1,695mm
全高 1,455mm

 

全幅が1.7m以下に収まっているので、いわゆる5ナンバー車となります。

 

ただし、クロスオーバーモデル風に仕立てた「クロスオーバー」のみ全幅が1,715mmとなりますが、これも実質的に5ナンバー車と言って良いでしょう。

 

5ナンバー車は日本の狭い道路にピッタリと言われているので、基本的にアクアは運転しやすい車です。

 

軽自動車からアクアへの乗り換えを検討している方もいると思いますので、ここでダイハツの軽ハイトワゴン「ムーヴ」と大きさを比較してみましょう。

 

ダイハツ ムーヴ X
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

 

【ムーヴ X】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

 

アクアはムーヴと比較すると全長が60cm以上長く、全幅も20cm以上広いので、乗り換えた直後はかなり大きくなったと感じるはずです。

 

一方、全高はアクアの方が18cmほど低いので、アイポイントはかなり下がります。

 

したがって、運転感覚はかなり異なったものになるので、慣れないうちは多少戸惑うかもしれません。

 


アクアの小回りは効くか?アクアの最小回転半径

 

次に、アクアの小回り性を検証してみましょう。

 

アクア Gの最小回転半径は4.8mで、ムーヴの4.4mと比較すると40cm大きい数値です。

 

ムーヴよりも全長が長いことと相まって、ムーヴでは一発でUターンできた道路で切り返しが必要になったり、狭い駐車場で駐車に手間取ったりするケースがあるかもしれません。

 

とはいえ、あくまで軽自動車のムーヴと比べた場合で、アクアの最小回転半径は一クラス上のカローラシリーズなどと比べれば小さく、実際に取り回しで酷く苦労するケースはほとんどないはずです。

 

ただし、大径タイヤを履くクロスオーバーは最小回転半径が5.4mに拡大されるので、若干取り回し性が悪化します。

 

取り回し性を重視するなら、クロスオーバーは避けた方が良いでしょう。

 


アクアは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

 


※アクア出典toyota.jp

 

 

アクアのフロントの見切りはあまり良くない

 

アクアは、空力特性を追及したモノフォルム風ボディを採用していることが特徴です。

 

このデザインは燃費を稼ぐには有効ですが、フロントの見切りという点ではマイナスに働きます。

 

運転席からボンネットの先端が見えないので、切り返しや前向き駐車の時などに、壁ギリギリに寄せるのは慣れが必要です。

 

アクアのAピラーの角度

 

また、Aピラー(フロントピラー)の角度がかなり寝ているので、左右の視界が妨げられます。

 

そのため、カーブの連続する山道を走る時などは、頭を左右に振って前方の情況を確認しなければなりません。

 

また、交差点で右左折する際は歩行者がAピラーの死角に入ってしまうことがあるので、十分な注意が必要です。

 


〇 アクアの車幅の感覚は掴みやすい?

 

運転席からボンネットの先端が見える車は車幅の感覚が掴みやすく、狭い道路でも運転が楽です。

 

しかし、アクアは先ほど解説したようにボンネットの先端が見えないので、車幅感覚が掴みやすいとは言えません。

 

ただ、全幅が1.695mに抑えられているため左右のAピラーが同時に視野に入り、それを車幅感覚の目安にできるのが救いです。

 


アクアの後方視界はやや悪い

 

アクアの後方視界

 

アクアはリアウィンドウの面積が小さいので、後方視界はあまり良いとは言えません。

 

また、Cピラー(リアクォーターピラー)が太く、リアドアウィンドウの天地も小さいため、斜め後方の死角も多い方です。

 

そのため、バックする際は死角に歩行者がいないかどうか、障害物がないかどうかを十分確認することが必要になります。

 


〇 アクアの駐車にはコツがある?

 

先ほど解説したように、アクアは後方及び斜め後方視界が決して良いとは言えないので、バックで駐車する時は細心の注意を払う必要あります。

 

特に縦列駐車をする際には、運転席から見えないフロントバンパー左コーナー部をほかの車にぶつけないよう、一層慎重な運転操作が必要です。

 

とはいえ、アクアはボディサイズがコンパクトで小回りも十分効きますから、基本的にはそれほど駐車が難しい車ではありません。

 

5ナンバー車を前提に設計された古い駐車場でも、枠の中に容易に収められるはずです。

 

 

ただ、ベルトラインが後方に向かうにしたがいはね上がったデザインなので、枠の中にまっすぐ駐車するには慣れを要します。

 


アクアの運転で役立つアイテム

 

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)

 

インテリジェントクリアランスソナー
※アクア出典toyota.jp

 

最近、ペダルを踏み間違えてコンビニに突っ込んでしまう事故が多発しています。

 

自分は運転や判断力に自信があるから絶対そんなヘマはしない、と思うかもしれませんが、誰にでもミスを起こしてしまう可能性はあるのです。

 

そこで、メーカーオプションの「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」の装着を強くお勧めします。

 

このアイテムは、前進または後退時に15km/h以下の速度で壁やガラスなどの静止物に接近すると、前後に合計8か所設けられたセンサーが検知、ハイブリッドシステムの出力抑制や自動ブレーキにより衝突を防ぐ装備です。

 

自動ブレーキの他に障害物が近づくと、センサーが感知してブザーで知らせるので、車庫入れ時等にとても便利な装備となっています。

 

価格は28,080円ですが、ほかのメーカーオプションが抱き合わせになるLの場合は51,840円となります。

 


アスフェリカルミラー(助手席)

 

アスフェリカルミラー(助手席)
※アクア出典toyota.jp

 

バックで駐車する際、助手席側のドアミラーで白線や障害物が確認できれば、駐車が容易になります。

 

しかし、駐車の度にいちいちドアミラーの角度を下向きに調整し、その後元に戻すのは煩わしいものです。

 

そこでお勧めしたいアイテムが、ディーラーオプションの「アスフェリカルミラー(助手席)」になります。

 

助手席側ミラーの鏡面下部が非球面になっており、わざわざミラーを下向きに調整しなくても白線などが確認できる優れモノです。

 

価格も9,504円とお手頃ですし、付けておいて損はありません。

 


アクアの運転のしやすさまとめ

 

アクアはボディサイズがコンパクトとはいえ、軽自動車から乗り換えると大きさを感じるはずです。

 

また、視界や車幅感覚の掴みやすさも優れている方ではないので、慣れないうちは取り回しに気を使うかもしれません。

 

更に、ハイトワゴンやSUVなどと比べアイポイントが低いので、小柄な女性の方にとって見晴らしが良くないという欠点もあります。

 

しかし、いずれも時間が経てば慣れてしまうものなので、そう心配はいりません。

 

絶対的なボディサイズはコンパクトなので、基本的にアクアの取り回しは良好です。

 

また、先ほど紹介したアイテムを装着すれば、事故のリスクが減る上駐車も容易になるので、ボディを障害物にぶつけてしまうと言ったリスクも減り、運転に対するプレッシャーが和らぐでしょう。

 

 

下取り車があれば、アクアの支払額を下げられる!

 

アクアの新車を購入するなら、アクアの購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があれば、新車の値引き以上にアクアの総支払額を引き下げることが出来ます!

 

方法はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられている

 

アクアの新車を購入するなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」ことです。

 

なぜそんな事が起こるかと言うと、下取り金額を低く抑えられれば、新車値引きをしてもディーラー的には損が少なくなります。

 

また、後々下取り金額をアップさせて新車契約を取る、セールステクニックに使う事も出来ます。ディーラーには当然メリットが多くなりますね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

ディーラーの下取り金額は、実は簡単に引き上げることが出来ます。

 

以前、管理人はフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。

 

下取り金額は76万円の提示でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、ディーラー以外の買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された概算相場は、なんとディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行って、セールスさんに「買取店の相場は96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

すると、結果的にディーラーの下取り金額も96万円へアップすることに。

 

「今回は上司に無理を言って買取店さんに合わせてもらいました。これで決めて下さい!」とセールスさんも頑張ってくれたようです。

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへに伝えただけです。これだけでディーラーの下取り金額を20万円アップさせることに成功しました。

 

 

ディーラーより高ければ、買取店へ売る選択も

 

その後、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらいました。

 

ディーラーの下取り96万円は伝えてあります。

 

買取店の査定の結果、ディーラーよりもさらに高い金額で買い取ってもらう事になりました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラー下取りの96万円からさらに12万円上乗せの108万円です。

 

最初の76万円から見ると、実に32万円のアップですね!かなり嬉しかったです。

 

もし買取店の査定をしていなければ、最初の76万円で売っていたかもしれないと思いうと、本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の簡単な入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい人」「ディーラーの下取り金額と比較したい人」などには、お勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>アクア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2011-2018 トヨタ アクアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com